雰囲気を壊さず集客率アップを目指す|バーをSNSなどでもアピール

開業の準備をしよう

大阪では開業支援サービスもたくさん展開されているため、個人で独立仕様と考えているのであればできるだけ積極的に利用をすると良いでしょう。無料で相談に乗ってもらえることもありますので、活用しやすいサービスです。

雰囲気作りがポイント

お酒

バーの集客は、飲食店の集客の中でもコツが必要といえます。バーの売り上げの大半は常連客が担っており、常連客にとって居心地がよい場所にすることが経営では重要となります。バーの常連客は、マスターも含めたその空間を気に入っていることが多く、新規客であふれることを好みません。静かで落ち着いた雰囲気を求めていることも多いため、むやみやたらな集客は常連客を遠のかせることになります。かといって、完全に限られた常連客だけでは経営はなりたちません。常連客といえども、引っ越し、小遣いの減少など様々な理由で来られなくなることはありうるためです。そのため、常連客と新規客のバランスをとりながら集客していくのが重要となります。常連客から新規客をつかむのは雰囲気を悪くせずに顧客を増やすことができるよい集客といえます。このためには、紹介チケットを常連客にのみ渡す、常連客から口コミでイベントや割引などのキャンペーンを伝えてもらう、新規客にはドリンクやフードを割引するなどの工夫をするとよいでしょう。それ以外でバーに立ち寄ってもらうためには、バーの中だけでなく外の雰囲気に気を配る必要があります。多くの閉鎖的なバーは、薄暗かったりメニューがなかったりと非常に入りにくい雰囲気があります。飛び込みの新規客を獲得するには、安っぽくなりすぎない程度の入りやすさを作らなければなりません。ブログやSNSなどで情報を発信するのもおすすめです。

積み木とお金

会社を長く続けるコツ

会社売却を行えば、従業員の雇用を守りながら利益を得ることができます。それまでのノウハウなども役立てることができますし、後継者がいない会社などでも会社売却をすれば有効に経営を続けていけます。そのため、多くの会社が取る手段となっています。

治療台

作業分担をする

自分で歯科医院の内覧会を行う場合でも、専門業者に依頼する場合でもスケジュールに沿って作業を実施していく事が大切です。 内覧会では、院外で宣伝を行う作業、院内での誘導や説明を行う人などの作業がありますので、適切人員を配備する必要があります。場面に応じた人、物の準備をする事になります。